国指定重要無形民俗文化財 黒丸踊 法養祭は勇壮な踊りでした

黒丸町に戦国時代から伝わる踊りです。
中国地方の浪人法養が教え、領主大村純伊の領地回復
のお祝いの際に踊られたと伝えられています。

4つの大花輪と2つとの大旗が太鼓を打ち鳴らしながら
ゆっくり回る勇壮な踊りです。

巨大な花輪は直径5メートル、重さ60キログラムにもなり、この大花輪の下に入ると幸福が訪れるといわれてます。

これだけの大花輪を背負う踊りは近隣にはなく、
貴重な踊りです。黒丸踊は、国内のみならず海外でも
披露され、大村市や長崎県を代表する踊りとして活躍
しています。


踊りは、法養の命日である毎年11月28日に、法養の墓
のある黒丸町の法養堂で奉納されます。

国指定重要無形民俗文化財黒丸踊(くろまるおどり)



大村湾に珍客

11月25日(水) 大村市寿古町の大村湾の海岸に、
クジラ(こどもの:カツオクジラかイワシクジラ?) 
体長6メートル40センチ、推定5トンが打ち上げられているのが見つけられました。

今から40数年前に、クジラが大村湾に迷い込んだとの事例があった(地元長崎新聞掲載記事)。

私達も、26日(木)の早朝に見に行って参りました。
大変貴重な体験をする事が出来ました。

現地は、弊社から2.5kmほどの距離でした。



環境月間の活動事業について

平成27年6月14日(日曜日7:30〜)大村市主催の、
第35回空きかん回収キャーンペンに、一般社
団法人長崎県産業廃棄物協会 県央支部の
会員として参加させて頂き、空きかん(ごみ等)
清掃活動につとめました。
今月は環境月間でもあり、当支部として、
毎年4回実施しているアダプトプログラムと
不法投棄のパトロールも同日、支部会員様の
ご協力のもと実施し出来ました。ありがとう
ございました。今後とも地域社会に貢献でき
る活動に努めてまいります。
県央支部長 矢敷和男



平成26年度春の大村湾岸一斉清掃

3月6日 日曜日 7:30〜8:30
大村湾をきれいにする会主催の、
大村湾沿岸一斉清掃へ参加させて
頂きました。早朝より所属している
各会員様と地元大村湾の清掃活動
につとめました。新年度も年2回の
開催が予定されています。一般社団
法人長崎県産業廃棄物協会 県央支部
の年間事業活動行事として取り組み致します。



新年ご挨拶

〜謹賀新年〜
昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



2014/11/11

トップページデザイン変更しました。
少しづつ改善していきます。これからもよろしくお願いいたします。



- 管理ページ -
- Topics Board -